ホームレスの手記 (Notebook of Homeless)

ホームレスの世界からでてくるには障害がある。 でも、何かしようとしている人には些細な後押しシステムが欲しい・・・。 まずは、彼らがどんなことを考え、 どんな生活をしているのか知ることからはじめませんか? ホームレスから原稿を頂き、生の声を掲載します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングに、クリックにてご協力ください!
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
まず、改めて言い訳をします。
我らの仕事が忙しくって、このブログに手が回らなかったのは事実です。

寄稿に応じてくださっているホームレスの方も、毎日書いているわけではありません。
「気が向いたとき」に書いてもらっています。
だから、日付が跳ぶのは勘弁してください。

もちろん、元ホームレスの方(Mさん)は、心覚えなので毎日書いています。
でも、ここ半年ばかり問題が次々と起こりまして、そっちの相談で手一杯でした。
とても原稿を下さい!といえる雰囲気ではなかったのです。
(もらってもアップする暇はなかったと思う)

Kさんは「来年の冬は屋根の下で越す宣言」がでました。
2ヶ月程前に、「最後のパチンコだ!」と大負けしてから、脱ギャンブル宣言し、現在は貯金中です。
3ヶ月で2桁の大台に乗ったそうです。
ここのところ、行く度に焼肉をおごってもらい、恐縮している管理人M&Kです。

プータロウさんは、最近、体調不良。
半年ほど前に隠し持っていた?軽トラをブッ壊してからは、稼ぎも悪くなり、弱り目に祟り目です。
先日、病院に行ってきましたが入院拒否を受け、「やっぱり命の重さに差はあるなァ」としょげています。
自己検診によると胃のあたりに「しこり」があるとのこと。
本人曰く「癌だな」です。
ドンちゃんは相変わらずやせていますが、元気いっぱいです。

Mさんは、今、最高に向かい風状態です。
体調は良いようですが、就労状況が本人的に気に入らないようです。
リサイクル業なのですが色々と問題があるようです(色々です)。

Mさんについて、私が見ていて課題だと感じることは、他人に比べて自分が劣っているという非常に強いコンプレックスがあることです。
この課題を根本原因として、アルコール依存症を持っているようです。
一般的に言われている対策は連帯感なのですが、なんせ、元ホームレスです。
古い友人とは縁を切っています。
「だらしのないホームレス生活から脱出するのじゃ~!!」というほどなので、ホームレス時代の仲間ともあまりつながりはありません。
そこにきて、かたや、生活保護で寝転がって食費8万円、自分は月3日の休みで食費4万円のギャップと制度の矛盾に苦しんでいるご様子です。
(これでいいのか?日本国民よ!!)

先日、ついに爆発しまして、飲み屋で暴れて、ポリさんに捕まりました。
罰金・弁償、さらに、家賃の不払い三ヶ月がたたり、支援NPO法人から借りてる(また貸し)アパートから、NPO法人の所有アパ-ト(施設とも言う)に移ることになりました。
本人は移りたくないと頑張った結果、現在、サウナ暮らしです。
ここ一ヶ月、顔を拝見していません。
(バツが悪いのか、会うのを避けてるっぽい)心配です。

以上、近況報告終り

---
【サイト内関連記事】
管理人Kの独り言 「ブログの現況報告」 平成20年3月1日
「Kさんの手記」 第6回(2/2) 平成19年12月2日
人気ブログランキングに、クリックにてご協力ください!
スポンサーサイト
こんにちは。管理人Kです。

ブログの更新が定期的にできていないことがありました。
見てくださっている方、ゴメンナサイm(__)m 
我ら二人の訪問活動は継続しています。
面倒くさくなって放り投げたわけではりません。

以前にも書きましたが、この活動(ホームレス訪問とブログの運営)は自分たち個人の社会貢献活動として行っています。
断固としてこの活動で直接金儲けはしません
でも、付随するものとして、学会で発表するとか、社会保障問題関連の偉い人に現状を訴える、といったことには使おうと思っています。
それは、知見や経験に限らず、自分たちにメリットが無い、というわけではないと思います。
だから、まったくの自己犠牲の精神ではないということは宣言できます。

自分たちの基本スタンスは、「自己中」です。
自分勝手ではないつもりなのですが、まず、自分たちがやるべきことをやった上ですべてが始まる、です。
まずは、自分の食い扶持を確保しないと、周囲の方々に、自分のこともできないのに他人のことにかまっているな、というお叱りを受けてしまう。

また、自分の食い扶持を確保した上でないと、この活動をどうやって金に換えるのかなどと、痛くもない腹を散々に探られてしまい、勝手な誤解を受けてしまいます。
ゆえに、「自己中」(自分たちの生活中心」です。
活動は細く長く続けていきます。

よろしくお願いいたします。

---
【サイト内関連記事】
我々は何者であって、何者ではないか(1/4) | 関係者からの寄稿
人気ブログランキングに、クリックにてご協力ください!
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。