ホームレスの手記 (Notebook of Homeless)

ホームレスの世界からでてくるには障害がある。 でも、何かしようとしている人には些細な後押しシステムが欲しい・・・。 まずは、彼らがどんなことを考え、 どんな生活をしているのか知ることからはじめませんか? ホームレスから原稿を頂き、生の声を掲載します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングに、クリックにてご協力ください!
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
次に、ホームレスに対するボランティア組織および活動について記述いたします。

最初に小生のもとを訪ねたボランティアは一人の大学院生でありました。
月に二回位、定期的に訪ねる様になり、他の多くのホームレスに対し、おにぎりや味噌汁を時々給仕等していた様子でした。
その後、近隣住民の方も参加し、十人前後の訪問となり、健康状態や生活環境等を話す様になりました。

或る日、在京キー局であるテレビ局が取材に来ると、マスコミの力を借り、行政に対し圧力を掛け、環境美化や防犯対策を訴えると共に、ホームレスの生存権を楯に、生活保護の適用を強要し始めました。
小生の居る地区だけでも、三十人に近いホームレスに対し生活保護を適用させましたが、小生はこの活動に対し危惧をいだくと共に、批判的言動で対応する事となり、該大学院生が訪ねる事は無くなりました。

小生の考える支援活動とは、安易に生活保護を適用するのではなく、生活の基盤を確立する為、恒久的な仕事を探す方策を共に求め、身元保証的な支援に徹するべきであろうと考えるからであります。

その後、該大学院生は、今春(平成19年春)卒業すると、法人組織(NPO法人)を立ち上げ、建物の提供を受け、ホームレスに生活保護を適用させて、住居提供(当然、費用徴収)業務を行っており、現在六棟程に増えたと聞いております。

小生が感心しているボランティア組織を一つ記述しておきます。
該大学院生の組織に参加した事のある近隣住民の方々が、行政からの河川堤防の草刈を請け負い、元ホームレスに対し、仕事を提供しているとの声を聞きました。
ありがたい事であります。

今後、この様な活動が増えることを期待致します。

---
【サイト内関連記事】
「Kさんの手記」 第6回(1/2) 平成19年12月2日
スポンサーサイト
人気ブログランキングに、クリックにてご協力ください!
Comment
≪この記事へのコメント≫
そうですね
体調を崩している人や年齢的に仕事が無理な人には生活保護も必要でしょうが、まずは自活するための仕事ですね。
自活することで、前向きに生きる自信も湧いてくるような気がしています。
2008/03/23(日) 07:45:42 | URL | ミル #kcwt/6lg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。