ホームレスの手記 (Notebook of Homeless)

ホームレスの世界からでてくるには障害がある。 でも、何かしようとしている人には些細な後押しシステムが欲しい・・・。 まずは、彼らがどんなことを考え、 どんな生活をしているのか知ることからはじめませんか? ホームレスから原稿を頂き、生の声を掲載します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングに、クリックにてご協力ください!
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
今、私の考えているReduceRecycleReuseとは、一般市民の方々の意識を変える努力は必要でしょうが、一朝一夕には不可能と思われますので、意識改革が進むまで(あるいは進んだ後も)、RecycleReuse可能な塵を路上生活者救済の為に役立てる事で、塵のReduceと、路上生活者に対する公的資金の軽減及び自立促進が可能であると考えております。
各家庭から排出される塵が、一円のお金も負担することなく、処理が可能であり、又、無意識での路上生活者救済となるのであります。

勿論、各自治体が音頭を取って推進する事は、不可能に近いものでありましょうが、NPO団体に協力することで実現性は少なからずあるものと考えます。

この様な考えとは、私の2年数ヶ月に及ぶ路上生活から得られたものでありますので、皆様には何を勝手な事を言っているのかと、お叱りを受けるかもしれませんが、大きな目で見て戴ければ少しは御理解願えるものとも考えております。

---
【サイト内関連記事】
「Kさんの手記」 第3回(1/2) 平成19年3月18日
スポンサーサイト
人気ブログランキングに、クリックにてご協力ください!
Comment
≪この記事へのコメント≫
こんにちは、
ここで提示されている
「Recycle、Reuse可能な塵を路上生活者救済の為に 役立てる」
とは
いわゆる「ごみやさん」(一般家庭ゴミを公共団体の清掃工場に回収するものとは別)、「ちり紙交換」、「廃品回収業者」の復活とシステム化、ということなのでしょうか??

以前、世田谷の家庭ごみ集積所から、資源ごみを持ち去った廃品回収業者が訴えられた、という話をちら、と思い出しました。
2007/08/25(土) 10:45:38 | URL | 2月うさぎ #MebZ0mlo[ 編集]
世田谷の件
ご質問を頂き有難うございます。

可能な限り、Kさんとの会話で、
私が理解していることをご回答させて頂きます。

まず、前提として世田谷の件、
つまり、訴えられるかどうかという点は、
各市町村の条例によって定められた、
①具体的にごみの何を市の財産(資源ごみ)とするか
②上記以外、ごみ集積場のモノの所有権は誰にあるか
という範囲によります。

①に関しては、範囲にかなりバラつきがあるのですが、
原則的に市の財産となるごみの持ち去りはNGです。
それでもKさんの手記にもあるように、
違法かそうでないかは、少なくともKさんは熟知し、
ホームレス間でもそれなりに把握されています。

②は、あまりはっきりしておらず、
不法投棄の場合は、そもそも所有権どころか、
回収・処理は自治体の負担増となっています。

しかし、私有地に入っての回収等であれば
別の問題ですが、残念ながら感情的な問題や、
条例・マナーといったルールを守らない者のために、
トラブルとなることはあるようです。
2007/08/25(土) 15:30:19 | URL | 運営者M #3IIwK19.[ 編集]
ごみやさんの件
本題ですがですが、
誤解を恐れずに言うならばYesです。
違いは、個々の住民と契約を行いながら回収するか、
地域の仕組みとして回収するか、だと思います。

以下、Kさんのお話をポイントごと切り分けて
お話させて頂ければと思います。

①不法投棄(主に家電リサイクル対象等の有料ごみ)
 や資源ごみでないモノ(主に不燃物)は、
 回収後かなりの努力をもって、
 分別・分解・分類されることによって
 資源となりますが、現在のシステムでは
 単なるごみとして資源の無駄になるか、
 自治体の負担増となるので、我々を活用してほしい。

②そうした作業は、ホームレスや生活困窮の殆どは、
 やりたい作業である。むしろ、生活の糧である。

③こうした有益な点を行政や地域住民に認識・理解
 された上で、地域の仕組みとして行いたい
(行政からの委託費が低額、もしくは無給であっても)

④しかし、ホームレスや生活困窮者の個々と
 契約を結ぶことや、資質を問うことは困難なので、
 NPOという仲介・管理・賃金分配できる法人を通せば
 可能だと思われる(適合者はワッペンか何かで
 それを示しながらルールに従って回収を行う)

⑤廃品回収業者は、現在も存在していて、
 個々の住民と契約を通したごみ拾いと言えます。
 それでもごみ集積場には生活の糧となりうる、
 ごみが存在します。 

つまり、現在のごみ拾いを地域の仕組みに
組み込んでもらうことによって、
3Rの推進や、税金負担の軽減、地域のトラブル回避、
そして何よりも、ホームレスや生活困窮者の
自立促進に繋げてはもらえないかという提案です。
2007/08/25(土) 16:19:11 | URL | 運営者M #3IIwK19.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。