ホームレスの手記 (Notebook of Homeless)

ホームレスの世界からでてくるには障害がある。 でも、何かしようとしている人には些細な後押しシステムが欲しい・・・。 まずは、彼らがどんなことを考え、 どんな生活をしているのか知ることからはじめませんか? ホームレスから原稿を頂き、生の声を掲載します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングに、クリックにてご協力ください!
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
今回は、少し毛色を変えて記述しようと思います。

最近の社会的現象をニュースとして耳にするたび、日本人の心が随分病んでいるのではと気になっております。

ある出来事が発生すると、巨大マスメディア・評論家を含む多くの人々は、先を争うかの如く一斉に批判を始め、特定の人物を徹底的に攻撃し、再起不能な状況に追い込む言動が目に付きます。

しかし、この様な言動は決して長続きすることなく、一定の日時を経過すると、人々の口から自然と消滅し、次の標的を見つけようと躍起になります。
確かに、日本人の気質は、熱しやすく冷めやすいと考えられるが、本来、日本人の持っている気質の中には、思いやる気持ちや、謙譲の美徳の気質を併せ持ち、安易に他人を攻撃する事はなかったと思います。

複雑な現在の社会に困惑され、将来に希望を見出す事が出来ず、心の捌け口と言うか、感情の捌け口を何に求めたら良いのか判らぬ為、自分より弱い者を徹底的に攻撃する事で、一時的に心の安定を得ようとしているのであろう。
 
この事は社会に対する困惑であると同時に、国家に対する不平不満であるとも考えられるが、現在社会においては、いまだに多くの人々が中流意識を持っている為、強い者には謙り(へりくだり)、弱い者には高圧的な言動を取るのではと考えております。
しかし、現政権の為体(ていたらく)を目の当りにすると、近い将来、強い者に対する批判行動が火を吹く可能性は、充分想像出来ます。
 
その様な日が来る事を期待したいと思います。

---
【サイト内関連記事】
「Kさんの手記」 第5回(2/2) 平成19年11月4日
スポンサーサイト
人気ブログランキングに、クリックにてご協力ください!
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。