ホームレスの手記 (Notebook of Homeless)

ホームレスの世界からでてくるには障害がある。 でも、何かしようとしている人には些細な後押しシステムが欲しい・・・。 まずは、彼らがどんなことを考え、 どんな生活をしているのか知ることからはじめませんか? ホームレスから原稿を頂き、生の声を掲載します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングに、クリックにてご協力ください!
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
年末になって来ますと、連日、鉄道における人身事故のニュースが報道されております。

今年は例年に無く多くの人が自らの命を絶っている様に思われてなりません。
自らの命を絶つ人の数が年間三万人を超えたとの声を聞く様になってから、十年に近い年月を迎えておりますが、増加する事はあっても、減る傾向にはありません。

何故、この様な書き出しから始めたのかと訝しく思われるでしょうが、年間三万人を超える現状と、ネット・カフェ難民を含む、路上生活者(ホームレス)の増加とは密接な関係にあると考えるからです。
今日まで比較的に恵まれた社会生活を送っていた人が、或る日突然、業績不振による人員整理に遭遇したり、会社倒産等に直面すると、生活の維持が不可能となり、今後の展望に見通しがたたぬ為、マイホーム・ローンや家族の生活の事等に思い悩み、自らの命を絶つことで現状の打開を計ろうとの考えに至るケースが多々あるのではと思われます。

又、ネット・カフェ難民やホームレスに至る原因も、自殺者と同様でありますが、自殺を選択しない大きな要因として、彼等は独身者や離婚者で、自分自身以外に背負うものを持たぬケースが多いと考えられます。
家や家族との(しがらみ)を持たぬ者はネット・カフェ難民やホームレスになってみると、手枷(てかせ)足枷(あしかせ)が取れた状態となり、生きる事に対し、或る意味で大胆になれるのではないかとも考えられます。

以上は小生の私的な見方であり、他にも数多くの見解がある事に異存は全くありません事、記述させていただきます。

---
【サイト内関連記事】
「Kさんの手記」 第6回(2/2) 平成19年12月2日
スポンサーサイト
人気ブログランキングに、クリックにてご協力ください!
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。